「ほっ」と。キャンペーン


岡山でキッチン・家具を作るKitoBitoでの日々の仕事風景を伝えていきます。


by kitobito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

お問い合わせ

カテゴリ

全体
キッチン
材木
家づくり
仕事中

ギャラリー
家具
椅子
打ち合わせ中
その他
納品

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

家具 木工家・薪ストーブ...
フィレンツェ田舎生活便り2
瓶詰め専門店 alimna
おうち時間
nag
Piccoli Pass...
身の丈プライスインテリあん。
片付けたくなる部屋づくり
パルマの食と生活
AOGIRI

検索

人気ジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鳥取の家のキッチン

昨夜から、けっこうな勢いで雨が降りました。
仕事場の前の吉井川も久々に水量が増えてきてます。

支流の濁り水の勢いも増して、散歩中のベリーが驚いて(?)見ていました。
c0240541_15153043.jpg

水しぶきを上げて、小さなダムから、
ドウドウと音を立てて水が流れてくるのです。
ベリーも生まれて初めての音と激しい水しぶきでびっくりしているのでしょうね。
きっと…

工場では鳥取の家のキッチンを製作中です。

c0240541_15145045.jpg

材木市にも行くほど木工が好き、材木が好き、
そして、鑿や鉋を使いこなす大工さんの仕事が好き。
そんなお客様が持っていた材料を使いこなしながらの仕事です。
c0240541_151457100.jpg

最初は、お客様の提案だった今回のキッチンのデザイン。
実は、私たちもそんなキッチンを作ってみたかったデザインだったのです。
チャンスが無ければできないデザインを、
お客様から提案していただけて、何たる幸せな仕事なんでしょうか。
c0240541_1515322.jpg

預かった材料を製材所で、半割にしてもらいました。
色々な材料を、キッチンにはめ込んでいきます。
お客様が、市場で購入した時の思い出や、
材料として持っていた時何度も何度も眺めては、
思いをはせていた材料なのです。

そして、私たちがキッチンとしての新たな命として吹き込んでいくのです。
大切にしていた材料を使っていく緊張感も共にありながらの作業です。
c0240541_15151491.jpg

私たちも、出来上がりが楽しみですが、
それ以上に、楽しみにしていてくださるお客様の顔を思い浮かべながら
c0240541_15152237.jpg

組んでいく作業がこれから、始まります。
c0240541_16425425.jpg

[PR]
by kitobito | 2013-06-26 16:50 | キッチン

野の花の会

鳥取岩井窯での料理教室でご一緒している女性のご自宅で
『野の花の会』を開催されるというご案内をいただきました。


清楚ながら艶やかなウツギ
そしてスイカズラが玄関で客人を迎えてくれました。
昔は山にウツギの咲くころ田植えの準備を始めたそうです。
c0240541_15123229.jpg

廊下に飾っていた、シライトソウも花だと聞いて、少し驚く。
c0240541_15514356.jpg

北側のお庭に目をやると、生き生きとしたヤマボウシの木に目が留まった。
そして、空を仰ぐほどに大きく背を伸ばしたカツラの木も隣にあった。
ご主人が、
『この木々は、水が大好きなんです。
だから僕は、家を建てたときに、水が集まる場所をつくり、そこにこの木を植えたんです。』
木も合った場所で育つと、本当に生きいきと伸び伸びと育っている。
c0240541_1512558.jpg

書斎から見える風景は、格別だった。
夏は涼しげで、気持ちの良い風も入ってくるんだろう。
冬は、雪景色が楽しめるのかな。
c0240541_1513636.jpg

南のお庭には、大きな欅があった。
北と南ではずいぶんと違う庭がある。
『温度差で、風がおこるんですよ。』という言葉に、驚きが隠せなかった。
そんな見方から家づくりを考えていく方法があったのだ。

忙しい毎日をバタバタと過ごしていると、
大切なものを忘れてしまっているのではないかと思ってしまう。

私たちのところに来てくださった方々が、時間の流れ方が違いますね。と
言ってくださるけど…

こちらの家では、もっと大河のようなゆったりとした時が流れていた。
丁寧で、豊かな生活を感じた。

約40年前に建てられた家と庭は、そんな家族と共にゆったりと変化し、
家族を温かく見守ってくれていたような風貌だった。


ちょうど、おじいちゃんが作ってくれたそら豆を食べた次の日だったから
この練りきりを見て、また季節を感じた。
そら豆で作ったこのお茶菓子は、料理教室でご一緒させていただいている
女性が、自分自身で考えて作られたもの。見て楽しみ、食べて楽しませていただきました。
c0240541_1827738.jpg

ゆっくりと、素敵な時をありがとうございました。
本当に行かせていただき、良かったです。


さて、帰りには近くまで来たものだからと、
以前から気になっていた、タルマーリーというパン屋さんへも足を延ばしました。
家族のモノへのお土産をここで手に入れ、
c0240541_15133927.jpg

どうせならと、御前酒の辻本店にも行って、
ここでしか買えないという日本酒をビンに入れてもらい、
c0240541_15135180.jpg

プチ一人旅を満喫したのでした。
c0240541_1514071.jpg

岡山県北、侮れません。楽しめるところが沢山ありますね。
[PR]
by kitobito | 2013-06-21 18:27 | その他

駆け抜けた打ち合わせ期間

倉敷のお客様とは、UNITAの横田さんからの紹介でした。

お会いするたびに、ハグしてくださる、とっても魅力的な女性です。

ご自宅のリフォーム前のキッチンを隅々まで見せていただき、
これは便利なのよ、こっちは不便で… 、こんなところが気に入ってるの
という話をたくさん伺い、プロ級のステンドグラスの作品を見せて頂きました。

そうしながら、キッチンと食器棚にどんなふうに、収めていこうかなど
細かい打ち合わせも重ねることができたのです。

今回のように、実際使われているキッチンを見せていただくと、
想像だけで話していた時よりも、より具体的なものになってくるのです。

その後の打ち合わせは、主に電話とメールになってしまったのですが、
お互いのイメージを伝えにくい時もあったため、
イラストでイメージを固めてお互いにそれを共有することを
何度も何度も繰り返したのでした。
c0240541_10561530.jpg

今回のイメージ図は、打ち合わせにも役に立ち、
おまけに、製作に入った時にも
スタッフの川口君にも図面だけよりもわかってもらいやすかったのです。

こうやって、お客様が自分自信の思いを伝えてくださりながら、
それでも、私たちの意見をいつも聞いてくださったおかげで、
最後は、お互いに納得するキッチンができあがりました。

その時の事をこちらのブログにも書いています。  倉敷のへキッチンリフォーム

アイランドタイプのキッチンですが、コンロ近くの壁のタイルが素敵。
c0240541_1171688.jpg

まるで、わざわざ焼いてもらったようなタイルです。
c0240541_118639.jpg


テーブル上には、ご自身で製作したステンドグラスの照明を付ける予定です。
かなどこやの井内君が製作した吊り金物が天井に取り付けられていました。
c0240541_11143461.jpg

ステンドグラスの照明が付いたら、絶対見に行かせてください!っとお願いしています。

キッチンは、ウォールナットで製作した大人のキッチンとなりました。
ステンレスの引き手が、全体を引き締めてくれます。
c0240541_1144914.jpg

ガスコンロは、お料理の好きな方が使われることの多い
ハーマン製プラス・ドゥ 
私もこのコンロにすればよかった… と、見るたび聞くたびに思う製品です。

こうして無事収めることができ、ホッとしたのです。
打ち合わせや製作中は、みんな無我夢中ですが、
納品した時に、部屋の全体のバランスに合うのか、
また、水栓や排水など他との兼ね合いが間違いなくできているのか、
など、綿密に図面を書いていても、現場に入るまでドキドキが続きます。

そして、使い始めても続くドキドキ感。
嬉しくもあり、気になるドキドキ感が続きます。

それにしても、素敵な出会いが続き、充実感にあふれる毎日です。
[PR]
by kitobito | 2013-06-20 10:00 | キッチン

鳥取の家

待ちに待った打ち合わせに行った日の事です。

場所は、鳥取県米子市。
私たちの場所から、2時間弱で行ける場所です。
私たちのところへも、2度来ていただき
逆に私たちがうかがう時をとっても楽しみにしていた日です。

あいにく大山は、くっきりとした姿を見せてくれませんでしたが、
岡山・倉敷方面への仕事が多いので、
いつもと違う景色、しかもこの辺りではすでに木々の緑の葉もしっかりとしてきていたのに、
途中、出たばっかりの小さくて、うすっらと緑色になった新緑を再確認しながらの
ドライブでした。

迎えてくれた自宅には、
興味あるものが沢山あり、打ち合わせ中も部屋中の色々な所が気になり
きょろきょろしては、そのモノの由来を尋ねたりした、打ち合わせとなりました。

打ち合わせの後は、フランスでいうならば週末の家、
ですが、自宅からはあまり遠くないので、毎日のように通っている別宅へと伺いました。

奥さまの色んな作業場となっている素敵な別宅だったのです。
ミシンのコーナー、本を読むコーナー
木工の作業場、そして畑。ここで充実した時間を毎日生きいきと過ごされているんだろうと
ワクワクした場所でした。

c0240541_10121352.jpg

私は、外を案内してもらった時に、敷地の広さに驚いた後、
敷地内に立っている木の高さに驚いたのでした。
かつてそこは、大山のすそ野に広がる広大な森だったのではないかと思わせる
背の高い木が沢山家の敷地の周りに、そびえたっているのです。
c0240541_10121819.jpg

この高さの木は、きっと庭木として植えたんでは無いのだろうなぁ。と色々と想像を膨らませました。
きっと、何百年も昔は森だったんだと
勝手に遠い古代の頃を思い、想像した素敵な時間を頂きました。

こちらのリフォームのキッチンは、今までとは少し違ったものが出来あがる予定です。
楽しみにしていてくださいね。
[PR]
by kitobito | 2013-06-19 10:14 | 打ち合わせ中