岡山でキッチン・家具を作るKitoBitoでの日々の仕事風景を伝えていきます。


by kitobito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お問い合わせ

カテゴリ

全体
キッチン
材木
家づくり
仕事中

ギャラリー
家具
椅子
打ち合わせ中
その他
納品

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

家具 木工家・薪ストーブ...
フィレンツェ田舎生活便り2
瓶詰め専門店 alimna
おうち時間
nag
Piccoli Pass...
身の丈プライスインテリあん。
片付けたくなる部屋づくり
パルマの食と生活
AOGIRI

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧

<   2013年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

最終調整

c0240541_1646753.jpg


納品前の最終調整中。

全ては最終的な収まりのために、
すべての作業を考え抜いてくるのです。

まだ、終わりではないのです。
ストーリーが始まる前のストーリーの最終かな。
[PR]
by kitobito | 2013-03-31 22:21 | 仕事中

鉄肌を感じて

岡山問屋町にある、くらしのギャラリーで
どうしても気になる物があって行ったのは、この冬の事でした。

Facebookでくらしのギャラリーの仁科さんが、
写真を載せていたので、
それを見て気になってしょうが無かったのです。

それは、瑠璃色にひかっている鉄のフライパン。

もちろん、暮らしのギャラリーは民藝を中心に展開しているお店なので
普通のお店で売っているフライパンではありません。

カタチも、写真で見る限り使いやすそうなカタチ。
打って作り出したような鉄の表面。
見る方向から違いそうな瑠璃色。

これはどうしても本物を見たい!
それで、問屋町まで足を運んだのです。

作っていたのは、鍛造の河原崎貴さんで長野の方。
我が家のIHでは、きちんと働いてくれそうにないくらい、
フライパンの平面がでていないけど、
その色とたたいてできた平面とにほれ込みました。
おまけに、持ち手のがしっくりと手になじみ、
使いやすいこと、間違いないと感じてしまったのです。

c0240541_11313084.jpg


本当は、ガスだと良かったなぁと思ったのですが、
我が家はIHの横にカセットコンロを常備していますので、
それで使うことに決めました。

大・中・小とあったなか、手に一番なじんだ中の大きさを購入。
決して洗剤で洗わず、水洗いで使っています。
c0240541_1131508.jpg

良いものを得ると、本当に長い間眺めてしまいますよね。
[PR]
by kitobito | 2013-03-27 19:35 | その他

マルイキッチンにて

昨年秋に、キラキラした笑顔の素敵な女性との出会いがありました。

生きいきとして仕事をされた姿に魅了されるだけでなく、
周りの人たちまで、がんばろうって思わせてくれる笑顔に
活力をもらうであろう素敵な笑顔の方。

『 Air. + 』 の代表の久保さんです。

フードコーディネーターの方のキッチンを見せていただきたくて
お願いしたのですが、それ以上に久保さんに魅了されていた私たちです。

本当に感激するくらいの素敵な方だったので、
近くのスーパーマルイのポスターでその笑顔に出会えた時は嬉しかった♥
スーパーのマルイが主催されているマルイキッチンという料理教室の講師で来られる案内だったのです。

もちろん応募しましたよ。 料理だけでなく、久保さんに会いたいって気持ちが大きくて。

幸いにも抽選に当たり、料理教室に行くことができました。
この日のテーマは”春を感じる”彩りイタリアンランチ。

普段イタリアンというと、パスタとピザくらいしか知らない私たちも、
身近な素材と、少しなじみのない調味料を加えるだけで、
おなかも目も楽しませてくれるお料理を頂きました。

以前と同じ素敵な笑顔にまた会うことができてとても嬉しかったです。
どうして、こんなに生きいきと過ごすことができるのだろうかって
思えるくらいに素敵な方なんですよ!
さぁ、私もがんばります! ありがとうございました。
c0240541_119587.jpg

盛り付け方がいつもと違うだけで、
お店で頂く料理のようです。
c0240541_11102012.jpg

[PR]
by kitobito | 2013-03-26 11:50 | その他

カタチになると。

図面で見ている時より、
思っていたよりも、
考えていた時よりも、

美しく思えるのは、木の美しさがあったからだろうな
これが仕上がった時、ありがとうって思えた。
良かった。
c0240541_11281270.jpg

まだ仕上がっていない所はどんなになるだろうか。
ワクワクしてしまう。
[PR]
by kitobito | 2013-03-23 16:16 | 家具

絵本

子どもたちが小さなころ、絵本をたくさん読んできた。
そうすると、本好きな子供に育つっていうのは…
どうも我が家の経験から、そうでもないと今感じてますが。
今はマンガonlyです。

それにしても、私自身は良い時間をもらいました。
大人になってさらに絵本の魅力にはまりました。
そして、読み聞かせも楽しかった。眠い時以外は…

先日ご両親と一緒に子供たちも打ち合わせについてきてくれました。
すると、2階においてる絵本を発見するや否や、
一生懸命読んでいました。

私も嬉しくなって、
家にある絵本を探してきて、早速追加しました。
KitoBito文庫になるかな。
c0240541_11294718.jpg

[PR]
by kitobito | 2013-03-22 10:10 | その他

そういえば、そうだった…

近くの野菜畑でシイタケを安く売っていたので
多めに買って、ちょい干しシイタケを作ろう!

風の強い日、一日風と日に当てて干していました。

でも…そういえば、
今の時期、黄砂とPM2.5が飛びまくっていた~。
はぁ、もう一度丁寧に洗って部屋干しに変えました…
残念…
c0240541_11322012.jpg

[PR]
by kitobito | 2013-03-21 11:36 | その他

納品前に

納品前に、最終確認です。
3月末というと、引っ越しのシーズンなんでしょうね。
どうしても私たちもこの頃に忙しくなってきます。
c0240541_11215552.jpg

でもバタバタせずに現場での仕事を収めたい。
だから、こうして真剣に皆で最終確認をするのです。
楽しみにしていてくれる方々のために。
c0240541_1122271.jpg

[PR]
by kitobito | 2013-03-21 11:28 | 仕事中

嬉しかった一本の電話

私たちのモノづくり、キッチンづくりへ進んだときの想いが、
年月経つと揺らいできたり、
多様な方向へ行こうとしたりすることがあります。
自分たちの想いだけでは、商売としては成り立たないことも
多々あり、いつも悩み進んでいます。
c0240541_6154948.jpg

そうした中、一本の電話がありました。
何年も前から、どたばた日記のブログを読んでくださっていた方からの電話でした。
その方は、家はこうあるべし、キッチンはこうあるべし、というしっかりと
時代に流されず、確かな想いをもっていました。
その思いが、まさに私たちがキッチン作りをしていて
感じていた事を代弁していただいているようにも感じたのです。
c0240541_61639.jpg

システムキッチンという言葉がキッチンの世界ではあたりまえのようになっています。
使いやすさ、掃除のしやすさ、汚れのつきにくさなど、
とても研究され、いろんな種類もあり、選択肢も沢山あります。

『でも、そこじゃないと思うの。大切なところを忘れていると思うの。』
と、そんな風に伝えてくださったように思える言葉でした。
そうなんです。私たちのキッチン作りは、そこから始まったのでした。
買い替えを想定したモノづくりをしているわけでは、ありません。
一生大切な空間を共にしてもらうモノづくりなのです。
ごまかしかしやウソは通用しないでしょう。でも、それが目指すところなんです。
c0240541_1413585.jpg

私たちの想いをしっかりと共有してくださる方からのお電話。
とても嬉しかったです。最近離れていってた想いを心にぐっと引きもどさせてくれたお話でした。
しかも、こうして同じ思いの方が実際自分の言葉で話してくださり、
本当に嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。
お会いできる日を楽しみにしています。
[PR]
by kitobito | 2013-03-19 14:14 | キッチン

水性ウレタン

KitoBitoの家具やキッチンの仕上げは、
主にオイル塗装ですが、時にウレタンで仕上げることもあります。

吹き付け塗装だったら、有機溶剤もたくさん入っているので
塗り手の体にも、良くないためフィルター入りのマスクをしたり
ホコリも散りにくいところで作業を進めなければなりません。

塗り手の体に良くないものよりも、
塗り手にとっても、良いものを使いたいので、
水性ウレタンを使っています。

水性ウレタンは、実はこうしてハケ塗なんです。
乾きも早いので、手早く手を動かし、
c0240541_13352561.jpg

さっとふき取る。
この繰り返しの作業です。
c0240541_13353459.jpg

オイル塗装より、どちらかといえば
木そのものの色に近い色で仕上がるような気がしています。
有機溶剤も少ないためか(?)塗っている間の臭いもひどくないのです。
[PR]
by kitobito | 2013-03-16 13:45

真剣なとき。

シンプルキッチンのKAZEの製作中です。
二人で息をあわせて組み上げていくことが出来ると
効率良く上手く組みあがります。
そこまでに加工をしていき、一気に組み上げていくので
緊張感と集中力の必要な、そんな作業なのです。
c0240541_9313834.jpg

無事に組み上げて、しばらくはクランプで糊が乾くまで締めておきます。
乾くまでは時間がかかるので、次への工程の相談をしたり、他の作業を進めることになります。
c0240541_9314773.jpg

次の加工を待っている部材。こうして美しく並べられているのも理由がきちんとあるんです。
作業中の部材はまだ木に近くて、家具でない、でも素敵な姿です。
c0240541_931559.jpg

[PR]
by kitobito | 2013-03-15 09:42 | 仕事中