岡山でキッチン・家具を作るKitoBitoでの日々の仕事風景を伝えていきます。


by kitobito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お問い合わせ

カテゴリ

全体
キッチン
材木
家づくり
仕事中

ギャラリー
家具
椅子
打ち合わせ中
その他
納品

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

家具 木工家・薪ストーブ...
フィレンツェ田舎生活便り2
瓶詰め専門店 alimna
おうち時間
nag
Piccoli Pass...
身の丈プライスインテリあん。
片付けたくなる部屋づくり
パルマの食と生活
AOGIRI

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧

カテゴリ:材木( 9 )

オニグルミの製材

先日、裏山で鬼胡桃(オニグルミ)を倒していたので、分けてもらいました。

薪に使おうと短く切ったのですがもったいなかったと反省して、
まだ山に残っていた枝の所を持って帰り製材してきました。

c0240541_10444179.jpg
c0240541_10444710.jpg
いつかスツールの座面にしようかなあ。
こんな事でも喜んで製材してくれるオッちゃんとは20年近いお友達です。

c0240541_10444423.jpg




[PR]
by kitobito | 2015-03-26 10:46 | 材木

どや顔で!

少し変わった形でパソコンデスクを作るのに、
あまりにピッタリとしたウォールナットの材料を見つけたときの顔。
まぶしいだけか?
c0240541_11575147.jpg

どうや! 
まるで、トローリングでカジキマグロを釣り上げたときのようです。

c0240541_11575756.jpg

う~ん、何から何までピッタリすぎる。
出来上がりが楽しみ。


そして、こちらは友人のカフェ multipula へのカウンタースツールを作る準備を始めました。
c0240541_1232920.jpg

ブラックチェリーで作ります。
これができたら、おしゃべりも楽しめながら食事が作れるね!
c0240541_1233568.jpg

[PR]
by kitobito | 2013-09-28 12:06 | 材木

古材とチップ

お客様と一緒に古材屋さんへ。

その迫力に度肝を抜かれた! 
柱も梁も山積み。圧巻です。

もちろん乾燥もよくされています。
故意的変化と、永い時を経た変化との融合が古材の持つ魅力です。
そうして再生される事の素晴らしさも魅力の重要な部分です。

しかし、それよりも古材として販売されないものは、
チップにドンドンなっていく。
すごい勢いで…  それもびっくり。
いや、その迫力にびっくり。

c0240541_10373593.jpg

[PR]
by kitobito | 2013-09-26 09:40 | 材木

テーブル用の板

テーブル用の板の整理を兼ねて、
その板を何枚か写真に収めていました。

テーブルになり、何年も使っているうちに、
このような節が一番好きな場所になる。 これがないと自分のテーブルという気がしない。
素直な板の良さ、癖のある板の良さ、人も木も一緒だな、と思う。
それが認めれる人となりたい。
c0240541_11204532.jpg

一枚板で作ったテーブルと
何枚か接いで作った天板のテーブルと、
大差なしと思っていた。ついこの間まで。
もちろん、それぞれの良さがある。
空間に収めたときに、正解が出るときもある。
でも、なぜ、我が家のナラのテーブルの表面の触り心地が
心に来るのか・・・  それは、一枚板だったからという事が分かって
余計に一枚板の魅力にひかれた。
c0240541_1121382.jpg

実は、それを私に教えてくれたのは・・・
この人なんです。   空間工房の森本君。そして、なおみさん。  ありがとうございました。
[PR]
by kitobito | 2013-09-21 11:35 | 材木

割る… 割れない…

根元の曲がった所や先の枝分かれしたところを
製材する前に切り落としました。

もちろん捨てるのではなく薪にしようと挑戦しました。

加藤くん
c0240541_18163650.jpg


c0240541_18163797.jpg
c0240541_18164740.jpg


元剣士の川口くん
c0240541_18165041.jpg

完敗でした。
c0240541_1817370.jpg


そしてベリーは新しいお気に入りの場所を見つけました。
c0240541_1817771.jpg

[PR]
by kitobito | 2013-01-20 08:00 | 材木

ヒノキとクスノキとベリー

c0240541_18135498.jpg

近くで切ったヒノキです。
c0240541_1814068.jpg

近くを通ると、切りたての檜の匂いを感じることができます。
c0240541_1814670.jpg

こちらは楠の木。
昔はこの楠の木からショウノウをとりだしていたようです。
c0240541_18141531.jpg

服をいれるためのキャビネットにするといいかな。
そんなことを色々考えて、製材をしていきます。
c0240541_18142735.jpg

カトー君もなかなかこんな丸太を見る機会が少ないので
興味しんしんです。
c0240541_1815075.jpg

製材するときは、どんな風にこの木を使おうかと
よく考えておいてから、製材所に持って行きます。
c0240541_18151279.jpg

落とした枝は、薪になります。
この太くない枝は、チェーンソーで適当な長さにしていくだけ。
薪割りの必要がないので、少し楽ができます。

そして先週我が家にやって来たのは、
ゴールデンレトリーバーのベリーです。
c0240541_18152343.jpg

まだ3ヶ月たってない子犬ちゃん。
スタッフ含めて皆メロメロです‼
c0240541_18153121.jpg


そんなこんなで2013年がスタートしました。
今年も頑張って行きましょう!
[PR]
by kitobito | 2013-01-18 23:24 | 材木

サクラ

桜という木は、その存在を花で大きく表している。
だから持ち主だけでなく、
そこを通る人にも、なにか思い出を残しているものだ。

実家の裏山を20分ほど登ると
瀬戸内海を見下ろせるところに、
小さなベンチがふと現る。その山側に春にはきれいな花を咲かせる桜の木がある。
私たちの 家族の思い出の場所の一つである。
飼い犬と一緒にそこから瀬戸内海を見た思い出もある。
お正月になると、みんなで登ってきていた。
いつも一緒に桜の木があるのだ。

先日お客様が、自邸を建てるにあたり
桜の木を切らなければならなかったこと、
でも何かさみしい気持ちであることを、
メールで綴っていました。

その気持ちが、
私たちの心に響き渡り
昨日、持ち帰ってきました。

なんらかの形で、心の小さな糧になるような
そんなモノへと形をかえていけるようにと
願いを心に誓うのでした。

c0240541_2140486.jpg

実際使える赤太部分は、
少しでした。太い幹には大きな割れが入っていました。
c0240541_2140519.jpg

しばらく乾燥させておくので、
c0240541_21401784.jpg

その間心の隅にそっと思いを残しておくことにします。
[PR]
by kitobito | 2012-09-28 23:20 | 材木

テーブルになります。

大学の時の同級生が、
岡山市内からわざわざ家族で来てくれました。
年賀状の行き来はありますが、会うのは何年ぶりかな。

c0240541_11412077.jpg

テーブルの形をウォールナットの材の上にチョークで描き
イメージをつかんでいきます。
[PR]
by kitobito | 2012-03-12 11:48 | 材木

材を選定

ウォールナットのオーダーキッチンを作るために
どこにどの部分をもってこようか、考えます。

このキッチンはリビング側から一番よく見えるので
その部分の木をどうしようかと、一番考え悩みます。

こうして立てかけておいて、そこで悩み
また、通りかかりで悩み、
何度も考え、えぃっという時ができます。

今回も、丸太で購入していたものを使うことができるので
とても楽しみ。

c0240541_983923.jpg

[PR]
by kitobito | 2012-03-01 09:10 | 材木